流 鏑 馬 神 事 御 案 内

平成二十七年十月四日(日)
祭典  十二時半

日本の伝統文化である流鏑馬(やぶさめ)神事が行われます。
この神事は、広島県の無形民俗文化財の指定を受けております。
約六百年の歴史伝統があり、現在広島県内で、本格的な流鏑馬神事はここにしか残っていません。
人馬一体の勇壮なものです。
もともと流鏑馬は、武家の武術稽古のひとつとして起こりましたが、
その後神社に奉納されるようになり、
武運長久と同時に、豊穣感謝の神事となりました。
皆さんお誘いあわせの上ご参拝ください。

 

平成26年6月18日 読売新聞にて特集されました。
平成24年2月22日 TSS広島満点ママにて特集されました。